車を高く売るコツ・方法を徹底解説【車を高く売る講座】

車を高く売る講座

【煽り運転の対策】経験者が語るあおり運転された時の対処法!

更新日:

最近悪質な『煽り運転』のニュースが多く報道されています。

常磐道あおり運転で逮捕された男は、悪質な煽り運転を行い暴行までしています。

しかも、1回だけでなく各地で危険運転や煽り運転をしていることがわかりました。

車は簡単に人の命を奪うことができるものなので、安全を守って運転を行ってほしいです。

常磐道あおり運転だけでなく、全国で多くの煽り運転がされていて少しでも危険運転を行う人が減ることを願います。

私も以前『煽り運転』をされた経験があります。

今回の常磐道あおり運転のよな感じだったのですが、暴行まではいきませんでした。

その経験をふまえて『煽り運転の対策』であおり運転に合わないため・あおり運転にあった時の対処法を見ていきましょう。

実際にあおり運転の被害にあったら、怖いです。

1番は煽り運転にあわないのがいいのですが、今のご時世いろんな人がいるので・・・

本田さん
少しでも安全に運転ができるように参考にしてください。

 

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/

すぐに相場をチェック(無料)

 

煽り運転にあった経験から『煽り運転の対策』を考える

私は以前『煽り運転』をされたことがあります。

今回の常磐道あおり運転で逮捕された宮崎文夫容疑者のように前に車を止めてかなりの勢いで降りてきました(汗

相手は20代前半ぐらいの若い子で、ヤンキーぽかったですね。

経験した煽り運転の状況を説明したいと思います。

 

信号のある小さな交差点で私と相手は向かい合って信号待ちの状態から始まりました。

信号機が青になり車を発進させました。

その後50mぐらい進むと・・・後ろからかなりのスピードで追いかけてくる1台の車。

あっという間に車間距離がゼロになりアクセルを踏み込んでいる音も聞こえます。

ブォン、ブォン、ブォン

と思ったら加速して、私の車の前に入ってきて急ブレーキ。

狭い道だったので私も車を停車させました。

前の車から若い男がすごい勢いで降りてこっちに向かってきました。

(それこそ常磐道あおり運転で逮捕された宮崎文夫容疑者みたいな感じでした)

私は何もしていなかったので、内心驚きとめんどくさい人に捕まったな!と思いました。

私は車を降りずに、窓を半分ぐらい開けて会話しました。

わたし
何ですか?
お前、さっき信号のところでガンたれたやろうが!!
煽り運転
わたし
どこの交差点ですか?
さっきのそこの信号だよ!!
煽り運転
わたし
いやー私はあなたを見てないですよ?
じゃなんでガンたれたんだよ!?降りて来いよ!
煽り運転
わたし
いや、おりませんよ。
なめてんのか?
煽り運転
わたし
!?(話が通じない?) いや、私はあなたのことは見てないですよ。でも、もしあなたがガンたれたと思って不快に思ったならごめんなさいね。
・・・
煽り運転
わたし
私はあなたのことなめてないし、なんかの間違いであなたが不快に思ってしまったなら謝りますよ。
すいません。
・・・そうか!ならいいよ!
煽り運転

 

この会話で、相手は車に戻り何事もなく終わりました。

その後助手席に乗っていた友達に聞きました。

わたし
俺目つき悪い?笑
とも
目がでかいから、眼力はあるな!笑

 

煽り運転をされたきっかけ

●目が合った
(相手は睨まれたとおもったらしい)

煽り運転の対処法でよかったこと

●冷静だったこと

●車を降りなかったこと

●勘違いでも、自分が謝ったこと

煽り運転の対処法で悪かったこと

●ドライブレコーダーを付けていなかったこと

●窓を半分は開けすぎだったこと

●ドアに鍵をかけていなかったこと

●目が大きく眼力があったこと!笑

私が煽り運転にあった経験・最近の煽り運転のニュースも含めて、『煽り運転に合わない対策と会った時の対処法』を見ていきましょう。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/

すぐに相場をチェック(無料)

 

煽り運転と危険運転ってどのような運転のこと?

最近よく耳にする煽り運転や危険運転。

煽り運転は、ほかの車に対して嫌がらせをする行為のことです。

●先行車に対して、車間距離をギリギリまでつめる

●先行車を追い回す

●無理な幅寄せや過度な並走

●ハイビーム・パッシングやクラクションで威嚇を行う

●急ブレーキを故意的に行う

●蛇行運転

このような行為が煽り運転になります。

明確な定義はないのですが、ほかの車に身の危険や不安・ストレスを与える運転は煽り運転といわれる可能性があります。

自分が故意的にしなくても、何かがきっかけで相手の怒りをかってしまって煽り運転になる可能性もあります。

なので、自分は煽り運転をしていないと思わずに運転の方法には注意が必要です。

車は簡単に人の命を奪うことができるので、安全に運転を心がけることが1番です。

 

悪質な煽り運転『常磐道あおり運転で逮捕された男」


引用:jiji.com

最近で話題になっている『常磐道であおり運転・暴行したとして逮捕された宮崎文夫容疑者』

世間で煽り運転について深く考えるようになった事件ではないでしょうか。

宮崎文夫容疑者は常磐自動車道上り線の守谷サービスエリア付近で、煽り運転を行いすごい勢いで車を降りて相手の運転手を殴り逮捕されています。

煽り運転と暴行がドライブレコーダーの映像で確認ができ、本当に恐ろしい現場でした。

また、宮崎文夫容疑者は今回だけでなく『煽り運転の常習犯』でした。

今回の逮捕をきっかけで、過去のドライブレコーダーの映像が次々に出てきました。

すべての煽り運転の行為が異常と思われる、運転でした。

注意していても、相手が異常な運転・性格だとしたら何をしても無駄と思われるかもしれませんが安全な運転を心がけることでなくなる煽り運転もあると思います。

煽り運転にあわない対処法と煽り運転にあったときの対処法を参考に少しでも可能性を低くしましょう。

\愛車の相場・査定を無料で依頼/

すぐに相場をチェック(無料)

 

【煽り運転の対策】あおり運転にあわない為の対処法!

煽り運転にあわない為の対処法

●無理な車線変更をしない

●車間距離をつめすぎない

●追い越し車線をずっと走行しない

●車からタバコなどゴミは投げ捨てない

●「赤ちゃんが乗っています」のステッカーを貼る

●ドライブレコーダーやドラレコステッカーを設置

●最強の対策は『車に乗らない!』

煽り運転の対策として、あおり運転にあわない為の対処法を見ていきましょう。

煽り運転になるきっかけがあるはずです。

そのきっかけは本当に些細な事で、進路変更やスピード、車間距離など自分が思ってもいないことで相手がキレるきっかけになります。

できるだけ相手がキレるようなきっかけを減らすことで、煽り運転にあう可能性を減らすことができます。

 

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/

すぐに相場をチェック(無料)

 

無理な車線変更をしない

相手が煽り運転をするきっかけとして、『無理な車線変更をされた』ということがあります。

確かに、無理な追い越しや・急な車線変更を目の前でされるとイラっときます。

普通の人なら少しイラっと来ても、我慢できるはずです。

しかし、小さなことでも怒りがマックスになって悪質な煽り運転に豹変する人もいます。

ワザでなくても、確認不足から車線変更をしたらすぐ後ろに車がいたということもあります。

なので、車線変更は余裕も持ってしっかり確認をしてから行いましょう。

煽り運転だけでなく事故にあう可能性も低くなります。

 

車間距離をつめすぎない

煽り運転にあわない対策として、『車間距離をつめすぎない』ということが大切です。

車を運転しているときに、車間距離が狭くぴったりと後ろにいると前の車の運転手はかなりのプレッシャーです。

もっとスピードを上げたほうがいいのかな?とかストレスがかなりかかります。

ワザと車間距離をつめていなくても、いつの間にか狭くなっているときがあります。

本田さん
なので、車間距離は自分が思っているより広くとったほうがトラブルになりません。

車間距離が狭いことで、『あおってきただろ!!』とキレて煽り運転やトラブルのきかっけになります。

逆に後ろに車間距離が狭い車が来たら、あっさり抜いてもらったほうがいいので車線を変えたりウィンカーを出したりして抜いてもらいましょう。

ちなみに、車にはブレーキを踏んでから止まることができる『制動距離』というものがあります。

急なブレーキや事故回避などの安全面からしても車間距離をとることは大切なので思っているより広く車間距離をとりましょう。

制動距離を確認しておきましょう

●時速30キロ⇒14m

●時速60キロ⇒44m

●時速100キロ⇒112m

 

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/

すぐに相場をチェック(無料)

 

追い越し車線をずっと走行しない

高速道路では、『追い越し車線をずっと走行』しないようにしましょう。

高速道路では、普段よりスピードを出すのでついついスピードを出してしまいます。

その時に追い越し車線がすいている場合ずっと追い越し車線を走行している車を見ることがあります。

あくまで1番右側の追い越し車線は、追い越すときに使用するものです。

自分のことしか考えないで運転をしていると、似たような考えの人に出会うことが多いです。

ずっと追い越し車線を走行していることから、邪魔だ!と思われ煽り運転のきっかけになることもあります。

高速道路はスピードが出ている分、周りの車にも気を使いながら運転をすることを心がけましょう。

 

車からタバコなどゴミは投げ捨てない

煽り運転にあわない為には『車からたばこなどゴミは投げ捨てない』ようにしましょう。

煽り運転にあわないということもあるのですが、運転のマナーとしてもよくないです。

たばこを捨てている人を見るといい気持ちはしませんよね?

またジュースの缶やペットボトルは後続車の交通事故を誘発する可能性もあります。

故意的に出なくても、お子さんがいる場合投げてしまう可能性もあるので注意が必要です。

軽い気持ちかもしれませんが、危険な行為なので控えるようにしましょう。

ゴミやたばこを窓から捨てることで、煽り運転のきかっけにもつながることもあるので、運転マナーを守りましょう。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/

すぐに相場をチェック(無料)

 

「赤ちゃんが乗っています」のステッカーを貼る

煽り運転の対策として「赤ちゃんが乗っています」というステッカーは有効な場合があります。

一般的には、赤ちゃんが乗っていると認識したら注意してあげようという気持ちになります。

赤ちゃんが乗っていることをしていて、ワザとあおったり危険運転を行う人は異常かもしれません。

普通は赤ちゃんが乗っている車とわかると、後ろから煽ったり、急ブレーキをしてやろうという危険運転行為の可能性が低くなると思います。

ステッカー自体はダイソーでも購入できるので、少しでも可能性を減らすために貼っておくのもいいかもしれませんね。

 

ドライブレコーダーやドラレコステッカーを設置

煽り運転にあわない為の対策として『ドライブレコーダー・ドラレコステッカーの設置』をすることです。

最近ではドライブレコーダーの設置は本当に大切だと思います。

証拠として映像があるので、、昔では泣き寝入りになっていたあおり運転や危険運転も取り締まれるようになりました!

車にドラレコステッカーを設置しているだけでも、とられていると思い煽り運転の抑止になります。

ドライブレコーダーはあおり運転だけでなく事故を起こしてしまった時の、判断材料にもなります。

映像があるだけで第三者に判断をゆだねることができるので、どちらが悪いかわかります。

車の運転は何があるかわからないので、ドライブレコーダー設置をお勧めします。

 

最強の対策は『車に乗らない!』

最強の煽り運転にあわない対策は、『車に乗らない!』ということです。(笑

車を運転しなければ、煽られることもないです。

どれだけ注意して運転していても、今回の『常磐道あおり運転で逮捕された宮崎文夫容疑者』事件のように異常な人もいます。

今までドライブレコーダーがなかっただけで、似たような事件は過去にも多かったと思います。

わたし
私も、目が合っただけで煽られたので何があるかわかりません。

煽られて事故に巻き込まれたり、暴行される可能性もあります。

あおり運転をされるきっかけは本当に些細なことが原因だと思います。

中止していてもあってしまう可能性があるなら・・・

最強の煽り運転の対策は『車に乗らない』ことですね!(笑

田舎や地方では、車が必需品のところもあるので厳しいですよね。

半分冗談ですm(__)m

 

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/

すぐに相場をチェック(無料)

 

【煽り運転の対策】あおり運転にあった時の対処法!

煽り運転にあった時の対処法

●ドライブレコーダーで証拠の映像を残す

●危険な煽り運転にあった時には、迷わず警察に連絡する

●車のすべてのカギ・窓を閉め、車から降りない

●近くの安全な場所へ避難

●道を素直に譲って、できるだけ煽り運転の車から離れる

●危険な運転をされてイライラしても、やり返さない

注意していても煽り運転にあう可能性もあります。

煽り運転にあってしまった時の対処法を見ていきましょう。

基本的には焦らず・ビビらず冷静にいることが大切です。

煽ってくる相手は、興奮状態で話を聞いてくれるとは限らないので注意しましょう。

危険を感じたら迷わずに警察を頼るのが1番です。

それでは見ていきましょう。

 

ドライブレコーダーで証拠の映像を残す

煽り運転にあった時の対処法は『ドライブレコーダーで証拠の映像を残す』ことが大切です。

証拠となる映像があることで、警察の第三者からしても判断がしやすくなります。

また車を止めた後でも、スマートフォンなどで録音しておくことがお勧めです。

ただし、映像をとるところを見るとキレる人もいるのでスマートフォンでとる際には気づかれないほうがいいです。

事故や煽り運転などで、よくある困ることがあります。

『やった・やってない』

『言った・言ってない』

などお互いの言い分が違うことがあるので、ドライブレコーダーの映像があると判断することができるので設置しましょう!

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/

すぐに相場をチェック(無料)

 

危険な煽り運転にあった時には、迷わず警察に連絡する

危険な煽り運転にあった時には、迷わずに警察に連絡しましょう。

煽り運転がすぐに終わるならいいのですが、数十分続いたり・暴行や接触など攻撃的な人もいます。

命の危険を感じるようならすぐに警察に連絡しましょう。

その時にドライブレコーダーの映像があれば連絡・説明しやすいですね。

また車の車種や色・ナンバーも覚えておくと説明がしやすいです。

自分だけでどうにかしようと、車を止めて車を降りたりすると状況がひどくなるのでやめましょう。

煽り運転に対して冷静に対応しましょう。

 

車のすべてのカギ・窓を閉め、車から降りない

煽り運転にあって悪質な場合は、車から降りてきて直接攻撃をしてくる人もいます。

車を降りて暴言だけならいいのですが、今回逮捕された宮崎文夫容疑者のように暴行をする人もいる可能性があります。

なので、車を降りてこちらに向かてきたら『車のすべてのカギ・窓を閉めて車から降りない』ようにしましょう。

窓を開けて会話をするときには、三分の一ぐらい窓を開けてしましょう。

窓を半分開けると手を出される可能性があります。

車を降りてくる人の多くは、キレやすく会話にならないことがあります。

カイト君
こちらが冷静に対処しましょう。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/

すぐに相場をチェック(無料)

 

近くの安全な場所へ避難

煽り運転にあった時は『近くの安全な場所へ避難』しましょう。

こちらが道を譲ってもしつこく煽り運転されたときは、近くにある人が多いところに避難しましょう。

ベストは警察や交番、消防などですがそれ以外にもコンビニやサービスエリアなど必ず人が多いところに行きましょう。

人がいないところが1番最悪で目撃者もいないので何をされるのか分かりません。

煽り運転にあった時は人が多いところに避難して助けを求めやすいところに行きましょう。

 

道を素直に譲って、できるだけ煽り運転の車から離れる

煽り運転にあった時には素直に道を譲ってできるだけ早く相手の車から離れましょう。

煽り運転をしてきた相手が異常な人でない場合は、素直に道を譲って刺激を与えなければ離れられると思います。

煽り運転をしてきた人を相手にせず離れられるのが1番安全です。

煽られたからと行ってこちらも対抗しないようにしましょう。

 

危険な運転をされてイライラしても、やり返さない

危険な運転・煽り運転をされたからといってイライラしてやり返さないようにしましょう。

相手が後ろから煽ってきた場合に、イライラして急ブレーキや急加速など相手にやり返さないようにしましょう。

確かに、煽られたら「ムッ」ときてやり返したい気持ちはわかるのですが冷静になりましょう。

こちらが相手に合わせて対抗するともっとひどい状況になってしまう可能性があります。

煽り運転がきっかけで事故になってしまったら・・・

車は人の命を簡単に奪うことができます。

そのことを考え冷静に対応しましょう。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/

すぐに相場をチェック(無料)

 

【煽り運転の対策のまとめ】ドライブレコーダーで証拠を残し警察に連絡!

煽り運転の対策・対処法としては、「ドライブレコーダーと警察に連絡」しましょう。

煽り運転は昔からあったと思います。

泣き寝入りしている人も多くいるのではないでしょうか?

最近ドライブレコーダーを設置している人が多くなったので、証拠として残り世間にも『煽り運転』ということが広まってきたのではないでしょうか。

煽り運転は命を奪う、危険な運転です。

証拠があれば逮捕することもできます。

なので、悪質な煽り運転をされたらドライブレコーダーで証拠を残し警察に連絡しましょう。

あなたが連絡することで、ほかの被害者を減らすことができます。

今回の宮崎文夫容疑者のような悪質な運転をする人が1人でも減ることを願っています。

 

車を売ろうと思っていませんか?

●車を高く売る講座

車を売ろうと思ている人に、読んでほしい記事です。

少しでも高く愛車を売る方法として「車買取の一括査定サイト」があります。

良かったら読んでみてくださいm(__)m

無料で愛車の相場・車査定が出来るので利用して高く売りましょう!

 

車を高く売りたい人の為のおすすめの一括査定!

車を高く売るなら車買取の一括査定がおすすめです。 複数の買取業者に査定を依頼することで自然と価格競争になるので査定の価格が高くなる可能性が高いです。 利用してみたいけど、どこの車買取一括査定サイトがいいのか迷っている人の為におすすめの一括査定サイトをご紹介します。 その他にも、車を売る為のコツや必要な書類など『高く売る』ための知識を当サイトで紹介していくので参考にしましょう!

おすすめの一括査定サイトのランキング!

「初めての方でも簡単に売ることができる」 「安心して高く売れる信頼があるところ」 こちらがおすすめする買取一括査定サイトです。複数のサイトに登録するとさらに高額査定になる可能性が高くなります。 安心して高く車を売れるところを厳選しました。  
 

1位 かんたん車査定ガイド

おすすめポイント!

①申し込みと同時に相場がわかる ②現在、年間利用者数No1 ③JADRIの審査に通過した優良業者 ④最大見積数 10社
完全無料で相場を知るだけでもOK!信頼できる厳選49社大手買取業者から最大10社を選ぶことができます。 年間利用者数も多く、はじめての方でも安心して一括査定サービスを受けることができます。申込みも簡単で45秒でのかんたん入力同時に相場も知ることができます。 一括査定を利用して60万円も上がった事例もあります。
かんたん車査定ガイドの特徴 
入力時間45秒
最大査定依頼数10社
提携買取業者数約49社
対応エリア全国
利用料無料

\かんたん車査定ガイドはこちら/

 
 

2位 カーセンサー

おすすめポイント!

①提携買取業者がNo.1で1,000社以上 ②知名度が高く安心の実績 ③最大30社の一括査定が可能 ④メールのみを希望すれば、電話数を減らせられる
カーセンサーは提携業者が1,000社以上と一括査定業界の中で最大級です。他の一括査定サイトにはない買取業者がいるので高く売れる可能性があります。 しかも、電話が嫌な方はメールのみを選択したら電話でのやり取りを減らすことができます。カーセンサーは老舗優良企業であるリクルートが運営しているという安心感が大きな特徴です。
カーセンサーの特徴 
入力時間約3分
最大査定依頼数30社
提携買取業者数約1,000社以上
対応エリア全国
利用料無料
 

\カーセンサーはこちら/

 
 

3位 ユーカーパック

おすすめポイント!

①電話連絡はユーカーパックとだけで対応がラク ②最大2,000社の買取店が入札に参加 ③オークション形式が最大の特徴 ④査定回数は提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
何回も査定をするのが嫌な方にオススメなユーカーパック。 申込み・やり取り連絡はユーカーパック1社とだけなので個人情報が流れないです。営業の電話もなく安心して車を売ることができます。 他の一括査定サイトとは根本的にシステムが違いオークション形式を採用。最大2,000社が入札に参加するために高額査定になります。
カーセンサーの特徴 
入力時間約30秒
最大査定依頼数オークション形式
提携買取業者数約5,000社
対応エリア全国
利用料無料
 

\ユーカーパックはこちら/

 

-車の豆知識

Copyright© 車を高く売る講座 , 2019 All Rights Reserved.