車を高く売るコツ・方法を徹底解説【車を高く売る講座】

車を高く売る講座

過走行車のリフレッシュの方法と時期は?長く乗る為にメンテナンスをしよう!

更新日:

過走行車を長く乗る為には、メンテナンスと定期的なリフレッシュが必要となります。

過走行車は一般的な車より長距離を走っているので、エンジンや足回りなど車体に負担をかけています。

日ごろからメンテナンスを行うことができたらいいのですが、なかなかできないですよね?

なので、定期的なメンテナンスやリフレッシュをすることで車の寿命も延び不具合などが原因で事故に合う確率も低くなります。

しっかりとメンテナンスをすることで乗り心地も変わってくるので、愛車の為にメンテナンス・リフレッシュを心がけましょう。

本田さん
過走行車のリフレッシュの方法と時期について解説するので参考にしましょう。

もし、過走行車で不具合が多くメンテナンス費用が高い場合は売ることを検討しましょう。

売る場合は早く決断をして売ることが、少しでも高く売るコツです。

まずは愛車の相場を調べて、愛車の価値を参考に売却を見極めましょう!

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

過走行車にはリフレッシュが必要!そのメンテの箇所と方法!

リフレッシュの箇所と方法

○リフレッシュは大切!そもそも過走行車とは?

○点火系の部品をリフレッシュ

○オイル関係のリフレッシュ

○足廻りのリフレッシュ

○エンジン関係のリフレッシュ

過走行車に必要なリフレッシュの箇所と方法を見てきましょう。

愛車を長く乗る為に必要なメンテナンスと定期的なリフレッシュについて解説していくので参考にしましょう。

リフレッシュには費用がある程度かかることになります。

しかし、数年ごとに車を乗り換えるわけにもいかないのでしっかりメンテナンスを行い長く乗れるようにしたいですね。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

リフレッシュは大切!そもそも過走行車とは?

過走行車のリフレッシュは長く愛車を乘る為には大切なことです。

本田さん
リフレッシュとは、消耗している部品をまるごと取り換えることをいいます。消耗している部品を取り換えることで長く乗ることができます。

定期的にメンテナンスをしていても長年乘っていると、どうしても部品は摩耗しています。

そこから、不具合や故障の原因になってしまいます。

なので、過走行車にはリフレッシュが必要なのです。

 

本田さん
そもそもどんな車が過走行車といわれるか、知っていますか?

過走行車の定義として、『1年に1万キロを超える距離を走行している車』となっています。

自動車業界で標準的な走行距離は1年間で8,00キロ~1キロで、車査定では日本自動車査定協会が定めた「1年で1万キロ」が基準とされます。

なので、5年間で7万キロ走行している車は過走行車として判断されます。

過走行車

○7年間で5万キロ・・・過走行車ではない

○2年間で4万キロ・・・過走行車

車査定の時にこのような判断基準で、過走行車を見分けることになっています。

実は、10万キロを超えるからといって過走行車というわけではないのです。

本田さん
また、5万キロを超える走行距離の車は『多走行車』といわれます。

過走行車は不具合が出やすくなるので、事故の原因にならないようにリフレッシュ・メンテナンスを行いましょう。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

点火系の部品をリフレッシュ

過走行車の『点火系の部品』をリフレッシュしましょう。

点火系の部品

○プラグ

○イグニッションコイル

点火系の部品は自分で出来る人はなかなかいないでしょう。

プラグはある程度車のことを知っている人はできるかもしれませんが、イグニッションコイルは整備工場など専門に任せた方がいいでしょう。

イグニッションコイルはあまり聞きなれないかもしれませんが、過走行車の場合車検の時に交換が必要といわれる可能性があります。

しかし、費用がかかってしまうためになかなか手が出ないかもしれません。

過走行車のリフレッシュの時には、イグニッションコイルも交換することが良いでしょう。

点火系の部品を交換することで、燃費が良くなったり・エンジンの振動・音やパワーまで変わってきます。

乗り心地まで変わってくるので、過走行車の愛車を長く乘る為ならイグニッションコイルの交換をしましょう。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

オイル関係のリフレッシュ

過走行車は『オイル関係』のリフレッシュを行いましょう。

オイル関係のリフレッシュは、エンジンオイルの交換だけではありません。

オイル関係のリフレッシュ

○エンジンオイル

○ミッションオイル

○ブレーキフルード

○パワーステアリングフルード

○デフオイル

車が走行するためには、オイルは必要不可欠なものになります。

エンジンオイルのほかにも様々な種類のオイルか使用されています。

エンジンオイルは定期的に交換してほしいですが、他のオイルについてはなかなかメンテナンスしないと思います。

過走行車のリフレッシュの時には、整備工場や整備工場に相談してオイル関係も交換しましょう。

オイル交換により、車の寿命も快適な走行も実感できるはずです。

オイル関係は事故の原因にならないように、安全にもかかわってくるのでしっかりとメンテナンスしたいですね。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

足廻りのリフレッシュ

過走行車は『足廻り』のリフレッシュを行いましょう。

過走行車でも10万キロを超える車は特に足廻りのリフレッシュが必要になります。

特に足廻りのサスペンションが劣化してしまうと、走行中にガタガタと振動・異音になります。

乗り心地としても良くないので、気づきやすいかもしれません。

調子のいい車は10万キロを超えても異常はないのですが、違和感を感じたらすぐに確認したほうがいいです。

振動がでてスムーズに走行ができていない場合、燃費が悪くなっているかもしれません。

足廻りの部品

○サスペンション

○ショックアブソーバー

○ブレーキ関係

○アッパーマウント

○ゴム部品・ホイールベアリング

足廻りは快適に走行・安全の為に大切な部品でなのでリフレッシュでは、思い切って点検・交換しましょう。

本田さん
あなたの愛車は、足廻りに違和感を感じませんか?

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

エンジン関係のリフレッシュ

過走行車は『エンジン関係』のリフレッシュが必要になります。

車の1番重要な箇所で寿命にも大きくかかわってくるのが、エンジン関係になります。

車に詳しくない人は、専門的な知識が必要になり分からない部分がエンジン関係です。

過走行車の多くは、エンジンに負担をかけているのでエンジン廻りの部品は消耗している場合が多いです。

エンジン廻りの部品

○タイミングベルト

○ウォーターポンプ

○ラジエーター

○ラジエーターホース

○サーモスタット

○オルタネーター

エンジン廻りの部品は、部品自体の価格も高いのですが・修理費としても手間がかかるので一般的に少し高くなってしまいます。

過走行車でエンジン廻りをリフレッシュで交換しなくても、整備士にチェック・確認はしてもらいましょう。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

過走行車のリフレッシュの目安の時期は『10万キロ走行』

過走行車のリフレッシュの目安の時期は『10万キロ』走行した時点で行うといいでしょう。

昔は10万キロというというと不具合が多く廃車を考える走行距離でした。

しかし、近代のの車は過走行車といわれる10万キロを超えてもまだまだ乗ることができます。

とはいっても、メンテナンスを行い10万キロを超えてリフレッシュをすることが必要になります。

本田さん
リフレッシュすることで、乗り心地よく・不具合も少なく長く乗りことができます。

10万キロを超えない場合でも不具合を感じたらメンテナンス・リフレッシュをすることが大切です。

車は不具合が起きて放置することで、さらに悪化して修理の費用も高額になってしまいます。

面倒かもしれませんが、日ごろからメンテナンスを行い走行距離が多くなってきた時にリフレッシュを行うようにしましょう。

10万キロ以上の走行距離の過走行車は不具合が出始めるので売ることも検討してもいいかもしれません。

こちらの記事を参考にして売りましょう!

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

過走行車が定期的にしておいた方がいいメンテナンス

過走行車は走行距離が多くなって来たらリフレッシュをすることが大切です。

しかし、長く愛車を乘る為には定期的にメンテナンスを行うことで走行の質も寿命も延びることになります。

リフレッシュは消耗した部品を取り換えるので費用も高くなります。

しかし、定期的にできるメンテナンスはそこまで高額の費用はかかりません。

定期的にするメンテナンス

○車に合ったエンジンオイルの交換

○バッテリーの交換

○プラグの交換

過走行車なら特に日ごろのメンテナンスから気を使い、愛車を長く乗れるようにしましょう!

 

車に合ったエンジンオイルの交換

過走行車の定期的なメンテナンスとして『車に合ったエンジンオイルの交換』があります。

エンジンオイルの交換は意外と面倒でなかなか決まった期間ではできないですよね。

しかし、エンジンオイルは車の寿命にも関わってくる大切なメンテナンスとなります。

過走行車に合ったエンジンオイルは『自動車メーカーが推奨しているオイル粘度より硬い粘度のオイルを選ぶ』ということがあります。

粘度の硬いエンジンオイルを選ぶことで、過走行車にとってメリットが多くあります。

粘度の硬いオイルのメリット

○エンジン音が静かになる

○エンジンの振動が小さくなる

○エンジンの保護

○パワーアップ

○エンジンオイルの劣化を防ぐ

過走行車はエンジンに負担をかけている分エンジンオイルの選び方も重要になります。

エンジンオイルの交換する期間として自動車メーカーが推奨しているものがあるので参考にしましょう。

エンジンオイルの交換は費用的にもあまり高くないので、できるだけ定期的に交換するようにしましょう。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

バッテリーの交換

過走行車のメンテナンスでバッテリーの交換も定期的にしましょう。

実はバッテリーも劣化して電圧が低くなりバッテリー上りになりやすくなります。

バッテリーは車の中で、エンジンを始動するときに必ず必要になるのでしっかりとメンテナンスを行いたい部品になります。

過走行車や古くなってしまったバッテリーのほかにも、滅多に乗らない車でもバッテリー上りになるので確認が必要です。

基本的に、バッテリーの交換時期としては『2年~5年』で車の使い方やバッテリーの種類でも違います。

過走行車のメンテナンスの時に必ずバッテリーも確認しましょう。

 

プラグの交換

過走行車のメンテナンスで『プラグ』も交換をしましょう。

プラグは点火部品で車のエンジンを動かすときに必要な部品になります。

エンジンが動くときにガソリンに火花を飛ばす役割があります。

このプラグが劣化するとあきらかなパワー不足を感じるはずです。

一般的なプラグの交換時期は2万キロといわれています。

本田さん
近年では長寿命型のプラグもあり、このタイプの寿命は10年と長くなっています。

プラグは目に見えないところにあるので、定期的にメンテナンスをおこない交換を行いましょう。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

不具合が多くメンテナンスができなくなったら『愛車を売る』

不具合が多くメンテナンスに費用がかかってきた車は『早めに売ることを検討』したほうがいいです。

過走行車で不具合が出始めると次から次に修理やメンテナンスが必要になります。

リフレッシュを行い、まだまだ乗れる状態になるといいのですがそれでも故障や不具合の多い車は売りましょう。

愛車を売る方法としておすすめなのは、車買取の一括査定を利用することです。

一括査定は複数の買取業者に査定を依頼することができるので、自然と買取業者間で価格競争が行われます。

複数の買取業者の提示した買取価格の中から1番高く買取りをしてくれる買取業者を選ぶだけです。

本田さん
早めに売る決断をしたほうがいい理由として、あなたが思っている以上に愛車の価格は日々下落しています。

年間に何十万円も価値を失って、1日に1,000円以上も下落しています。

そう考えると1日でも早く売ることで、今後の修理費がかかることや今なら愛車の買取価格が高くて得することになります。

愛車売る時には、できるだけ高く売れる『車買取の一括査定』を利用しましょう。

できるだけ高く売るポイントとして、複数の買取業者に査定を依頼することがあります。

自分で探して査定を依頼するのは時間も手間もかかります。

しかし、一括査定は簡単な入力項目で申込むことが出来てあなたの地域の複数の優良な買取業者に申込むことができます。

どんな状態の車でも複数の査定を受けることで、海外に販売ルートを持っていたり過走行車の買取が得意な業者と出会う可能性が高くなります。

実際に複数の買取業者の査定を受けることで、60万円アップした事例もあるんです!

1社の買取業者に売るより必ず高く売ることができ、下取りよりも高くで売ることができます。

安くなることを知ってあなたは・・・下取り、1社だけの買取業者を利用しますか?

必ず一括査定を利用して、できるだけ高く愛車を売りましょう!

一括査定を利用するメリット

○最高値を引き出せる!(複数の買取業者で自然と価格競争になる)

○手間がかからない!(簡単に一斉に複数社に査定を依頼できる)

○信頼できる買取業者と提携しているので安心!

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

 

車を高く売りたい人の為のおすすめの一括査定!

車を高く売るなら車買取の一括査定がおすすめです。 複数の買取業者に査定を依頼することで自然と価格競争になるので査定の価格が高くなる可能性が高いです。 利用してみたいけど、どこの車買取一括査定サイトがいいのか迷っている人の為におすすめの一括査定サイトをご紹介します。 その他にも、車を売る為のコツや必要な書類など『高く売る』ための知識を当サイトで紹介していくので参考にしましょう!

おすすめの一括査定サイトのランキング!

「初めての方でも簡単に売ることができる」 「安心して高く売れる信頼があるところ」 こちらがおすすめする買取一括査定サイトです。複数のサイトに登録するとさらに高額査定になる可能性が高くなります。 安心して高く車を売れるところを厳選しました。  
 

1位 かんたん車査定ガイド

おすすめポイント!

①申し込みと同時に相場がわかる ②現在、年間利用者数No1 ③JADRIの審査に通過した優良業者 ④最大見積数 10社
完全無料で相場を知るだけでもOK!信頼できる厳選49社大手買取業者から最大10社を選ぶことができます。 年間利用者数も多く、はじめての方でも安心して一括査定サービスを受けることができます。申込みも簡単で45秒でのかんたん入力同時に相場も知ることができます。 一括査定を利用して60万円も上がった事例もあります。
かんたん車査定ガイドの特徴 
入力時間45秒
最大査定依頼数10社
提携買取業者数約49社
対応エリア全国
利用料無料

\かんたん車査定ガイドはこちら/

 
 

2位 カーセンサー

おすすめポイント!

①提携買取業者がNo.1で1,000社以上 ②知名度が高く安心の実績 ③最大30社の一括査定が可能 ④メールのみを希望すれば、電話数を減らせられる
カーセンサーは提携業者が1,000社以上と一括査定業界の中で最大級です。他の一括査定サイトにはない買取業者がいるので高く売れる可能性があります。 しかも、電話が嫌な方はメールのみを選択したら電話でのやり取りを減らすことができます。カーセンサーは老舗優良企業であるリクルートが運営しているという安心感が大きな特徴です。
カーセンサーの特徴 
入力時間約3分
最大査定依頼数30社
提携買取業者数約1,000社以上
対応エリア全国
利用料無料
 

\カーセンサーはこちら/

 
 

3位 ユーカーパック

おすすめポイント!

①電話連絡はユーカーパックとだけで対応がラク ②最大2,000社の買取店が入札に参加 ③オークション形式が最大の特徴 ④査定回数は提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
何回も査定をするのが嫌な方にオススメなユーカーパック。 申込み・やり取り連絡はユーカーパック1社とだけなので個人情報が流れないです。営業の電話もなく安心して車を売ることができます。 他の一括査定サイトとは根本的にシステムが違いオークション形式を採用。最大2,000社が入札に参加するために高額査定になります。
カーセンサーの特徴 
入力時間約30秒
最大査定依頼数オークション形式
提携買取業者数約5,000社
対応エリア全国
利用料無料
 

\ユーカーパックはこちら/

 

-車の豆知識

Copyright© 車を高く売る講座 , 2019 All Rights Reserved.