車を高く売るコツ・方法を徹底解説【車を高く売る講座】

車を高く売る講座

車を買ってはいけない時期は?お得に車を買える時期と増税10%前の乗り換え!

更新日:

車を買ってはいけない時期があるって知っていましたか?

新車や中古車を買うときは出来るだけお得に買いたいですよね!

記事からわかること

  • 車を買ってはいけない時期
  • お得に車を買うことが出来る時期
  • お得に車を買うための注意点
  • 車を高く売る方法とコツ

ディーラーや中古車販売店でも、値引きが大きくできる時期やそうでないときがあります。

値引きや特典、キャンペーンが多い時は、中古車市場や車販売の市場が大きく動くときです。

さらに2019年は10月に消費税が10%に上がることになります。

消費税が上がることによって、さまざまな市場で変化が予想されます。

車を買ってはいけない時期やお得に購入できる時期・注意点を見ていきましょう。

さらに、お得に車を買うために今の愛車を出来るだけ高く売って乗り換えを検討しましょう。

高く売る為の方法やコツを参考にして、愛車を高く売り乗り換えましょう!

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

車を買ってはいけない時期がある

車を買ってはいけない時期

●値引きが少ない時期

●普通自動車は月末に買うと自動車税が損する

●軽自動車は年度末に買うと自動車税が損する

●10月の消費税が10%に増えた後

実は車を買ってはいけない時期があります。

買ってはいけない時期に車を購入してしまうと、値引きが少なく損してしまう可能性があります。

車は安いものではなく、買うときにはいろいろ調べて悩んで愛車を買いますよね。

お気に入りの車を損ぜずに買うために「車を買ってはいけない時期」を参考にしましょう♪

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

車を買ってはいけない時期:値引きが少ない時期

車を買ってはいけない時期として『値引きが少ない時期』があります。

いつ車を買っても一緒って思っていませんか?

しかし、実は値引きが少ない時期があるんです。

値引きが少ない時期

● 4月

● 8月

● 1月

この3つの月はディーラーや中古車販売店が車を売るのがつらい時期という事もあります。

この3つの月がディーラーや中古車販売店が車を売るのがつらい理由があります。

買ってはいけない時期として、『車を売ることに力を入れた後の月』はディーラーやお客さんとしても市場が動かなくなるので値引きするのがきつくなります。

4月は買ってはいけない

決算の3月で車販売を強化してその反動もあり、値引きも辛くなります。

また、買う人も新生活が始まる人が多いので車を買う人が少なくなることも原因です。

8月は買ってはいけない

7月にはボーナスが出る企業も多く車の販売に力を入れますが、その反動で8月は値引きも辛くなります。

また、買う人も8月は夏休みやお盆も重なるので出費が多く車の購買意欲は少なくなってしまします。

1月は買ってはいけない

12月の冬のボーナスや年末年始に力を車販売に力を入れている業者が多いので1月は値引きがしづらくなります。

又お正月などで出費もおいので1月は出費を抑える人が多く市場でも下がってしまう事も原因です。

新車・中古車を売っているのは、会社なのでそれぞれの事情もあります。

また、車を買う側の購買意欲も関係していきます。

中古車市場は変動が激しく、常に人気や価格が変わりやすくなっています。

せっかく愛車を買うなら、車を買ってはいけない時期を避けてディーラーや車販売店が力を入れているときに買いましょう。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

車を買ってはいけない時期:普通自動車は月末に買うと自動車税が損する

車を買ってはいけない時期として『普通自動車は月末に買うと自動車税が損する』ことになります。

普通自動車の自動車税は購入月の翌月から払うことになります。

なので、車を1日に買っても・30日に買っても翌月から同じ自動車税を払わないといけません!

だとしたら、普通自動車は月末に買うと自動車税が損してしまう事になります。

1ヵ月って大きいですよね?

本田さん
自動車税などわかりにくいと思うので、月末に買ったら損と思っていて下さい。

 

車を買ってはいけない時期:軽自動車は年度末に買うと自動車税が損する

車を買ってはいけない時期として『軽自動車は年度末に買うと自動車税が損する』という事があります。

普通自動車とは違い、軽自動車は買った翌年からの課税となります!

なので、年度の早い時期に購入をするとお得なんです。

4月2日に買っても3月末に買っても、同じなんです!

なので、年度末に軽自動車を購入すると1年分の自動車税が損することになります。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

車を買ってはいけない時期:10月の消費税が10%に増えた後

車を買ってはいけない時期として『2019年10月の消費税が10%に増えた後』です。

車は安くないので、消費税が8%から10%になると大きな影響があります。

消費税が8%から10%

■200万円の車を購入

8%→消費税16万円

10%→消費税20万円

消費税が上がるだけで、損することになります。

数か月違うだけでもかなりの金額変わってくるので、10%の増税前がお得になります。

増税の問題は車だけではなく、日常生活や仕事上でも大きな影響が出てくると思います。

車を買うなら、損しないようにしましょう!

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

車をお得に買うことが出来る時期は?

車をお得に買うことが出来る時期

●1番お得に買える時期:販売店の決算時期(2月~3月)

●ディーラーや車販売店のキャンペーンや特典がある時期

●ディーラーや車販売店が喜ぶ4つの時期に車を買う

●自動車税金が得になるように「普通自動車」「軽自動車を」を買う

車を買ってはいけない時期を注意してお得に車を買うことが出来る時期を見てきましょう。

車をお得に買うことが出来る時期は、市場が活発になってディーラー7や車販売店が値引きをする時期があります。

そのほかにも自動車税がお得になる時期があるので、詳しく見てきましょう。

 

1番お得に買える時期:販売店の決算時期(2月~3月)

1番お得に車が買える時期は、ディーラーや自動車販売店の決算時期がおおい2月~3月です。

それぞれの自動車販売店は、1年間のノルマ(目標)がそれを達成するために頑張っています。

その決算時期が近づく2月や3月は少しでも車を売る為に様々な工夫で販売しています。

そのため、値引きやサービス・交渉がしやすく1年間で安く買うことが出来る可能性があります。

この2月や3月は、車を買う人からしてもライフスタイルの変化もあり購買意欲も高くなるので自動車販売店からしてもチャンスと言えます。

車を安く購入したい人はこの時期に買う事を検討しましょう。

また、交渉が得意な人はさらにギリギリまで値引きしてもらえる可能性もありますね。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

ディーラーや車販売店のキャンペーンや特典がある時期

お得に車を購入するために『ディーラーや車販売店のキャンペーンと特典』のある時期に買いましょう。

特典やキャンペーンがある時期は、車販売店からしても力を入れている時期なので値引きや特典もありかなりお得になります。

何もない時の購入より、キャッシュバックやナビプレゼントなどお得に買うことが出来ます。

近くの車販売店で買うときには、この特典・キャンペーンがある時期をチェックして車を買いましょう!

特典やキャンペーンが多い時期として次の4つの時期があります。

ディーラー7や車販売店が喜ぶ4つの時期を見ていきましょう。

 

ディーラーや車販売店が喜ぶ4つの時期に車を買う

ディーラーや車販売店が喜ぶ4つの時期は販売に力を入れています。

車が売れるという事は、お客さんも購買意欲が高いという事。

車販売店が喜ぶ4つの時期

●夏のボーナス時期:6月から7月頃に向けて

●冬のボーナス時期:11月末から12月

●9月の中間決算

●3月の年度末決算時期

この中でも1番値引きが期待できるのは、『3月の年度末決算時期』です。

お得に買うことが出来るときは、お客さんの購買意欲も高いので両方に対してメリットがあります。

欲しい来るかが見つかるタイミングやお金の準備ができるのは、人それぞれなのでこの4つの時期で買いましょう。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

自動車税金が得になるように「普通自動車」「軽自動車を」を買う

お得に車を買うために自動車税についてみてきましょう。

●「普通自動車」は月初めに買う

●「軽自動車」は年初めに買う

普通自動車を軽自動車とでは、「自動車税」が変わってくることになります。

この自動車税は、普通自動車と軽自動車が違うのを知っていました?

軽自動車では1年近くも得することになります。

少しでも自動車税をお得に買いたいと思うなら、車を安くで買うことが出来る時期を選びましょう。

本田さん
ただ納期までに時間がかかってしまうので、販売店にしっかし確認をしましょう。

 

お得に車を買うために注意すること

お得に車を買うために注意

●消費税10%増税の駆け込みで必ずしも値引きがあるわけではない

●車を買うまでには時間がかかる

●年中決算セールをしているところは注意

●中古車市場は変動が激しいので、需要と供給が価格に影響する

車をお得に買うために注意することがあります。

車を買うときはお得に購入したいですよね。

そのために、注意点を参考に損しないように愛車を買いましょう。

それでは注意点4つを見ていきましょう。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

消費税10%増税の駆け込みで必ずしも値引きがあるわけではない

2019年10月には消費税が10%に増税予定ですよね。

増税前に車を買うのはもちろん狙い目です。

消費税が上がることによって、8%の時より高くなります。

車販売店も駆け込み需要があるので特典やサービスに力を入れます。

しかし・・・「車販売店であえて値引きをしない」というところもあります。

駆け込み需要が多くなるので、特典・値引きをしなくてもお客さんは来るからです。

 

また、駆け込み需要が多い時より消費税が10%になった時に力を入れて値引きやキャンペーンを考えているところもあります。

なので、単純に8%の消費税の時がお得と考えていては販売店の思うつぼです!

車を買う販売店がいつの時期に力を入れるのか見極めて「お得に」車を買いましょう!

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

車を買うまでには時間がかかる

車を買うときに注意することは「車を買うには時間がかかる」という事を知っておきましょう。

車を選んで買ったからといってその日から乗れるわけではないです。

車を買うためには、いろいろな手続きや整備が必要になります。

狙った時期に車を買いたい場合には、ディーラーや販売店にあらかじめ相談と確認をしておきましょう。

思ったより時間がかかるので、車を買いたいときは3ヶ月前ぐらいから動いておきましょう。

 

客寄せ目的の決算セールをしているところは注意

たまに客寄せだけが目的の決算セールをかかげている車販売店があるので注意が必要です。

決算セールやキャンペーン中とかかげて、実際はあまり値引きしないところもあるので見極めが必要です。

車販売店も売り上げを伸ばそうと、いろいろ考えます。

お客さんを集める手っ取り早い方法として、決算セールやキャンペーンなどがあります。

本当に値引きをして、お客さんにお得になればいいのですが「客寄せだけが目的」には注意しましょう。

本田さん
なので車を買うときは、複数社見て回る方がいいでしょう。

 

中古車市場は変動が激しいので、需要と供給が価格に影響する

中古車市場は変動が激しいので、買いたい人(需要)と中古車の台数(供給)が価格に影響します。

買いたい人が多く、中古車の台数が少ないと価格は高くなります。

逆の場合も一緒で、買いたい人が少なく中古車の台数が多いと価格は安くなる傾向になります。

決算セールや特典も安く買うためには大切なのですが、需要と供給が価格に影響していることを覚えておきましょう。

また人気車種は価値がなかなか下がらず、不人気車種は安くなるので車種に興味がなく安く買いたい人はねらい目です。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

「車を買う」と一緒に「車を売る」を検討することで得して乗り換え!

車を売ることを検討

●10月の消費税10%アップになる前に乗り換えをする!

●下取りでは「損」する可能性大!「車買取」で車を売る!

●複数の買取業者に査定を依頼する「一括査定」で愛車を高く売る!

「車を買う」ことを検討している人は、今の愛車を少しでも「高く売る」ことを考えましょう。

今の愛車を高く売ることで、乗り換えの時の頭金にもできます。

新車・中古車を買う前に得して乗り換える為に、愛車を高く売る方法やコツを見ていきましょう。

 

10月の消費税10%アップになる前に乗り換えをする!

2019年10月から消費税が8%から10%になります。

車を少しでも安く買いたい人は、消費税8%の駆け込みセールなど値引きをしてくれるディーラーや車販売店で買いましょう。

お得に乗り換えるためには、今の愛車を高く売って車の乗り換えの資金にしましょう。

消費税が8%の時に乗り換えするだけで、数万円はお得に購入することが出来ます。

さらに、愛車を高く売る方法として一括査定サイトを利用すると平均20万円も高く売れるので必ず利用しましょう!

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

下取りでは「損」する可能性大!「車買取」で車を売る!

車を売るときに思いつくのは「ディーラー下取り」を思いつく人が多いのではないでしょうか?

しかし、下取りで車を売ると損する可能性があります。

なぜ損する可能性があるかというと、下取りで売ると安い!

安くなる理由としてディーラーは「新車販売が目的」なので、下取りには力を入れていません。

下取り価格を高くというよりは、新車販売の値引きという形で車を引き取ることになります。

なので、実際の愛車の査定価格があいまいになり得をしているのか?損をしているのかわかりません。

車下取りの査定価格も安く、過走行車や年式が古い車・傷が多い車は価値なしの0円査定という事も少なくありません。

下取りで車を売ることのメリットとして、1社で車を売る・買うことが出来るので乗り換えが楽になるという事があります。

しかし、愛車が高く売ることが出来なかったら損ですよね?

あなたはどちらを選びますか?

●乗り換えが楽だけど「損する」

●愛車を高く売って「頭金の資金を増やす」

高く売りたい人が車を売るなら下取りではなく『車買取』で愛車を売りましょう!

 

 

複数の買取業者に査定を依頼する「一括査定」で愛車を高く売る!

お得に車の乗り換えがしたい人は、複数の買取業者に査定を依頼しましょう。

複数の買い取り業者に査定を依頼することで、自然と価格競争になり『愛車の最高値を引き出す』ことがでます。

自分では、複数の買取業者を探して依頼するには時間がかかり面倒です。

そこで、高く愛車を売るための方法として『車買取の一括査定』を利用しましょう。

車買取の一括査定は複数の買い取り業者に査定を一括で依頼できます。

なので、手間をかけずに簡単に優良な買取業者に査定を一瞬で依頼することが出来ます。

一括査定で車を売ることで、買取業者で価格競争になり自然と高く売ることが出来ます。

買取事例には60万もアップしたこともあります。

本田さん
車を売る際には、一括査定を利用しましょう!

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

車を高く売りたい人の為のおすすめの一括査定!

車を高く売るなら車買取の一括査定がおすすめです。 複数の買取業者に査定を依頼することで自然と価格競争になるので査定の価格が高くなる可能性が高いです。 利用してみたいけど、どこの車買取一括査定サイトがいいのか迷っている人の為におすすめの一括査定サイトをご紹介します。 その他にも、車を売る為のコツや必要な書類など『高く売る』ための知識を当サイトで紹介していくので参考にしましょう!

おすすめの一括査定サイトのランキング!

「初めての方でも簡単に売ることができる」 「安心して高く売れる信頼があるところ」 こちらがおすすめする買取一括査定サイトです。複数のサイトに登録するとさらに高額査定になる可能性が高くなります。 安心して高く車を売れるところを厳選しました。  
 

1位 かんたん車査定ガイド

おすすめポイント!

①申し込みと同時に相場がわかる ②現在、年間利用者数No1 ③JADRIの審査に通過した優良業者 ④最大見積数 10社
完全無料で相場を知るだけでもOK!信頼できる厳選49社大手買取業者から最大10社を選ぶことができます。 年間利用者数も多く、はじめての方でも安心して一括査定サービスを受けることができます。申込みも簡単で45秒でのかんたん入力同時に相場も知ることができます。 一括査定を利用して60万円も上がった事例もあります。
かんたん車査定ガイドの特徴 
入力時間45秒
最大査定依頼数10社
提携買取業者数約49社
対応エリア全国
利用料無料

\かんたん車査定ガイドはこちら/

 
 

2位 カーセンサー

おすすめポイント!

①提携買取業者がNo.1で1,000社以上 ②知名度が高く安心の実績 ③最大30社の一括査定が可能 ④メールのみを希望すれば、電話数を減らせられる
カーセンサーは提携業者が1,000社以上と一括査定業界の中で最大級です。他の一括査定サイトにはない買取業者がいるので高く売れる可能性があります。 しかも、電話が嫌な方はメールのみを選択したら電話でのやり取りを減らすことができます。カーセンサーは老舗優良企業であるリクルートが運営しているという安心感が大きな特徴です。
カーセンサーの特徴 
入力時間約3分
最大査定依頼数30社
提携買取業者数約1,000社以上
対応エリア全国
利用料無料
 

\カーセンサーはこちら/

 
 

3位 ユーカーパック

おすすめポイント!

①電話連絡はユーカーパックとだけで対応がラク ②最大2,000社の買取店が入札に参加 ③オークション形式が最大の特徴 ④査定回数は提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
何回も査定をするのが嫌な方にオススメなユーカーパック。 申込み・やり取り連絡はユーカーパック1社とだけなので個人情報が流れないです。営業の電話もなく安心して車を売ることができます。 他の一括査定サイトとは根本的にシステムが違いオークション形式を採用。最大2,000社が入札に参加するために高額査定になります。
カーセンサーの特徴 
入力時間約30秒
最大査定依頼数オークション形式
提携買取業者数約5,000社
対応エリア全国
利用料無料
 

\ユーカーパックはこちら/

 

-車を高く売る講座

Copyright© 車を高く売る講座 , 2019 All Rights Reserved.