車を高く売るコツ・方法を徹底解説【車を高く売る講座】

車を高く売る講座

車の走行距離の限界は何万キロ・何年が寿命なの?愛車を長く乗る為のポイントを解説!

投稿日:

車の走行距離の限界は何万キロで何年が寿命なのか興味がありませんか?

もちろん車種や乗り方、メンテナンスの仕方で車の寿命は変わってきます。

昔に比べたら走行距離も年数もすごく延びています。

愛車を大切にしている人なら、長く乗りたいと思いますよね。

なので、長く乗るためのポイントや過走行車のメンテナンスをまとめるので参考にしてください。

もしあなたが車売却を検討しているなら、1日でも早く売ることが『高く売る』為のコツになります!

実は10万キロ超えの過走行車でも価値があるので、売ることができます。

それでは車の走行距離の限界を見ていきましょう!

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

車の走行距離の限界は30万キロ以上!

車の走行距離の限界は30万キロ以上と言われます!

30万キロ以上と聞くと驚く人もいるのではないでしょうか。

もちろん故障などもするのですが、しっかりとしたメンテナンスをすることで車の寿命は伸ばすことができます。

最近の自動車は昔に比べて丈夫で寿命は延びています。

しかし、走行距離が10万キロを超えると不具合や故障が多くなるのも事実です。

それでは車の走行距離の限界を見ていきましょう!

 

車の走行距離の限界と寿命とは?

車の走行距離の限界と寿命は何をもって判断するのでしょうか?

結論から言えば、『車の限界と寿命は乗っている人の判断で決まる』と言えます。

車の故障や消耗部品はほとんど交換可能となっています。

なので、重要な部品やエンジンが壊れても載せ替えて乗ることは可能です。

極端な話がボディーに穴が空いても、エンジンが壊れても修理して乗ることができます。

しかし、エンジン廻りや足回りが故障してしまうと高額の修理費用がかかることになります。

そこまでして乗り続ける人はいないので、新車に乗り換えのタイミングでほとんどの車が廃車となり車の寿命となります。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

一般的には10万キロ前後が買い替えする人が多い

一般的には車の走行距離10万キロ前後での買い替えをする人が多いです。

これには理由があり10万キロを超えるとエンジンの不具合や消耗部品など、修理・メンテナンスに費用がかかってくることが多くなります。

もちろん、メンテナンス・修理をして10万キロ以降も大切に乗る人も多いです。

しかし、10万キロを超えると車を売るときに買取価格がガクッと下がってしまうこともありこの時期で乗り換えをする人が多いです。

車の限界の寿命には早いですが、不具合が多く廃車にしてしまう人もいます。

今では10万キロを超えても海外で日本社製の車は人気があるので、日本で限界と言われた車が海外では活躍しています。

 

車の寿命といわれる平均年数は13年程度

車の寿命と言われる平均年数は13年程度と言われています。

2016年の自動車の平均使用年数(平均的な新車登録から廃車までの期間)は12.76年でした。

新車登録から廃車までの期間なので、車の寿命=13年程度と考えていいと思います。

平均的な車の限界寿命は年々長くなっています。

1975年ごろの平均使用年数は約7年だったので車の性能や耐久性・技術の進歩でまだまだ車の寿命は伸びそうです。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

タクシーは走行距離40万キロ以上乗っている

走行距離が長い一般車としてタクシーが思い浮かぶと思います。

そのタクシーは実は『走行距離40万キロ以上』も乗っています。

しっかりとメンテナンスをして乗ることで、安全に40万キロ以上乗ることが可能ということです。

タクシーでなくても一般の人が乗っている車でもメンテナンスをすることで走行距離が10万キロを超えても問題なく乗ることができます。

 

走行距離の限界まで長く乗るためのポイント

車の走行距離の限界まで長く乗るためのポイントがあります。

長く乗るためのポイント

○運転の仕方で車の寿命は長くなる

○環境によっても車の寿命は長くなる

○定期的に車のメンテナンスをすることで長くなる

車種やメーカーによっても走行距離の限界は変わってくるのですが、他にも長く乗るためのポイントがあるので見ていきましょう。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

運転の仕方で車の寿命は長くなる

車の運転の仕方でも車の寿命は長くなります。

車のエンジンに負担をかけるような運転(急加速・急ブレーキ)などを行うとエンジンだけでなく足廻りにも影響が出てきます。

消耗部品の劣化は激しく結果的には限界が早く来て車の寿命が短くなります。

車を長く乗るためには、あらっぽい運転はしないようにして大切に乗ることが車の寿命を伸ばすことになります。

 

環境によっても車の寿命は長くなる

車を乗っている環境によっても車の寿命は変わります。

特に『海に近い環境・積雪が多い環境』が車の寿命を短くしてしまいます。

海の近くなど塩害の恐れのあるところで日頃から乗っている車は腐食が早くなります。

車のサビはボディーだけでなく、車の本体のフレームも早くサビてしまいます。

車の本体のフレームがサビてだめになるとほとんどの車が廃車となります。

海の近くでは保管するときに塩害を受けないような車庫で保管をすることや日頃から洗車をすることで寿命は長くなります。

 

車の寿命が短くなる環境として雪の多い場所は車の足廻りが早く劣化してしまします。

積雪が多い地域の都心部には道路に凍結防止剤が撒かれますがこれには塩が含まれています。

なので足廻りが早く劣化・サビてしまいます。

長く乗るためには高圧洗浄機などで洗車をすることが大切です。

雪が多い環境での洗車は面倒で難しいですが、車の寿命を長くするには大切なことです。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

定期的に車のメンテナンスをすることで長くなる

車の寿命を長くすることで大切なことは『定期的にメンテナンス』を行うことです。

1回や2回メンテナンスをすることで急激に寿命は伸びることはありません。

しかし、日毎から定期的にメンテナンスをすることで確実に車の寿命は長くなります。

1番簡単なメンテナンスはオイル交換をすることです。

オイル交換を定期的にしない場合、思っている以上にエンジンに影響があります。

オイル交換を定期的に行い、1年に1回は車全体のメンテナンスを行いましょう。

 

走行距離の限界まで乗る為のメンテナンス

限界まで乗る為のメンテナンス

○エンジンオイルを定期的に交換

○タイミングベルト・タイミングチェンを交換

○セルモーターを交換する

○ブッシュ類(緩衝材)を交換

○走行距離10万キロ以上でリフレッシュをすることが大切

走行距離の限界まで車を乗るためには、必ずメンテナンスが必要になります。

定期的に行うメンテナンス、走行距離10万キロ以上になったときはリフレッシュをすることで長く安全に乗ることができます。

特に走行距離10万キロを超えてくると、消耗部品の交換や不具合が多くなってくるので確認していきましょう。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

エンジンオイルを定期的に交換

車のエンジンオイルを定期的に交換しましょう。

1番簡単なメンテナンスなのですが非常に重要なメンテナンスになります。

エンジンオイルを定期的に交換しないと、エンジン内部が傷がついたりエンジン自体の負担が大きくなります。

また故障の原因にもなるので必ずエンジンオイルは定期的に交換するようにしましょう。

エンジンが故障してだめになると修理費が高いので廃車にする可能性が大きくなります。

長く愛車を乗るためにはしておきたい大切なメンテナンスです!

 

タイミングベルト・タイミングチェンを交換

車の走行距離の限界まで乗るためには『タイミングベルト・タイミングチェーン』を交換することが大切です。

タイミングベルトの交換時期は走行距離10万キロを超えるときが目安となります。

中古車を購入するときは、タイミングベルトが交換されているか確認しておきましょう。

タイミングベルトはゴム製で消耗するので、必ず交換が必要になる時が来るので費用を惜しまずに交換をおすすめします。

交換費用は一般的に部品代・作業代あわせて30,000円~35,000円ぐらいになります。

また、上記のタイミングベルトの代わりに金属製のタイミングチェーンが採用されている車種もあります。

タイミングチェーンは丈夫で半永久的に使用できるのですが、状況を見て走行距離20万キロ以上の車は点検と交換をすることがおすすめです。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

セルモーターを交換する

セルモーターは丈夫で長持ちするのですが、走行距離が10万キロを超えると不具合が出てくる車が多くなります。

長期間乗っていなかったりすると、故障している場合もあるので走行距離の限界まで乗るためにはセルモーターの点検と交換をおすすめします。

セルモーターはエンジン始動時に重要な部品となります。

セルモーターの不具合を放置していると急にエンジンがかからなくなったり、音がうるさくなったりと故障がひどくなるので違和感を感じたらすぐにメンテナンスを行いましょう。

セルモーターの交換は自分で行うのは難しいので整備工場などでしてもらいましょう。

セルモーターの交換修理費として、5万円~10万円が一般的になります。

 

ブッシュ類(緩衝材)を交換

走行距離限界まで乗るためにはブッシュ類(緩衝材)の交換も大切になります。

ブッシュ類は、車の緩衝作用や異音軽減をしている部品となります。

ブッシュ類も走行距離や年数が経つと劣化してしまいます。

なので10年や10万キロ以上を目安として交換をすることが大切です。

 

走行距離10万キロ以上でリフレッシュをすることが大切

車は走行距離10万キロを超えてくると、不具合が多くなって来ます。

走行距離20万キロや30万キロと限界まで乗りたい人は、必ず車のリフレッシュをしましょう。

過走行車のリフレッシュポイント

○点火系の部品をリフレッシュ

○オイル関係のリフレッシュ

○足廻りのリフレッシュ

○エンジン関係のリフレッシュ

不具合が出始めてしまうと他の所もどんどん悪くなってくるので、走行距離10万キロを超えるときにしっかりとした点検・リフレッシュをすることが重要です。

早めに消耗部品を交換しておくこと、走行距離10万キロを超えたときにしっかりとしたメンテナンスを受けることが走行距離限界まで乗るためには必ず必要になります。

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

日本で車の走行距離の限界(10万キロ以上)でも売れる!

走行距離の限界まで車を乗るためには、メンテナンスやリフレッシュをする必要があります。

しかし、多くの人がしっかりとしたメンテナンスを行うことができないのが現実です。

忙しかったり面倒だったり。

なので、長く乗っても走行距離10万キロ前後で車を売り乗り換える方が良いです。

エンジン廻りや足廻りの不具合が多くなると修理費用は高額になるので『早めに決断をして高く売る』ことを検討しましょう。

また、走行距離10万キロを超えてしまうと買取価格がガクッと下がるケースもあるので注意が必要です。

走行距離が10万キロを超えても複数の買取業者に査定を依頼する『車買取の一括査定』を利用すると最高値を引出すことができます!

走行距離の限界まで乗るよりも売るタイミングをしっかり判断して、乗り換える方がお得です。

必ず売るときは『車買取の一括査定』を利用しましょう!

 

走行距離10万キロ以上の過走行車でも海外では需要がある!

走行距離が10万キロ以上の過走行車でも『車買取』なら価値があり売ることができます。

日本で車の寿命と言われる走行距離10万キロの車を売ることが出来る理由・・・

日本製の車は丈夫なので、走行距離が10万キロを超えても海外では人気で需要があるからです。

寿命が10年・10万キロといわれているのは日本だけで海外では30万〜40万キロと乗っているところがあるほど10万キロという走行距離は問題なく乗れるということです。

10万キロを超えたからといって諦めて、乘り潰す・廃車と判断するのは損する可能性があるので『愛車には買取価値がある』ということを知っておきましょう!

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

13年以上乗ると税金がアップするので、その前に愛車を売る!

車の寿命の限界まで乗ることは良いことなのですが、維持費や修理・メンテナンス費が年々高くなってきます。

毎年車を所有している人は払っている『自動車税と自動車重量税』は新車登録から13年経過すると税率が上がるんです。

車の寿命・走行距離の限界まで乗れば得すると単純に思っている人もいるかも知れません。

しかし、よく考えてみると乗り換えたほうがお得な場合が多くあります。

本田さん
長く車に乗りたい人も、年数としては13年を目安に車の売ること・乗り換えることを検討をおすすめします。

 

 

車の走行距離限界まで乗ると損する!価値がある時に売ることを検討!

車の走行距離限界まで乗ると損する可能性があります。

寿命の限界まで乗って廃車にするより、修理や不具合などが多くなる前に乗ることを検討したほうが得します。

走行距離が10万キロを超えると消耗部品を交換しなければなりません。

そのため修理費・メンテナンス費用が高くなり、税金までアップすると長く乗っっていてもメリットがなくなります。

自分の愛車の今の価値を調べて、乗り換えるほうが得です。

愛車を売るときは、『ディーラーの下取り』では安く損する可能性があるので『車の買取』で売却しましょう。

少しでも高く売りたい人は必ず車買取の一括査定を利用しましょう!

車買取の一括査定は複数の買取業者に車査定を依頼できる便利なサイトとなります。

もちろん申し込みや車査定も無料で利用ができるサービスです。

1社のディーラーの車査定で価値なし!と判断された車でも、価値をつけてくれる買取業者が見つかります。

無料で買取相場も調べることが出来るのでまずは申し込んで見ましょう!

 

\愛車の相場・査定を無料で依頼/ 車を高く売るコツ

 

車を高く売りたい人の為のおすすめの一括査定!

車を高く売るなら車買取の一括査定がおすすめです。 複数の買取業者に査定を依頼することで自然と価格競争になるので査定の価格が高くなる可能性が高いです。 利用してみたいけど、どこの車買取一括査定サイトがいいのか迷っている人の為におすすめの一括査定サイトをご紹介します。 その他にも、車を売る為のコツや必要な書類など『高く売る』ための知識を当サイトで紹介していくので参考にしましょう!

おすすめの一括査定サイトのランキング!

「初めての方でも簡単に売ることができる」 「安心して高く売れる信頼があるところ」 こちらがおすすめする買取一括査定サイトです。複数のサイトに登録するとさらに高額査定になる可能性が高くなります。 安心して高く車を売れるところを厳選しました。  
 

1位 かんたん車査定ガイド

おすすめポイント!

①申し込みと同時に相場がわかる ②現在、年間利用者数No1 ③JADRIの審査に通過した優良業者 ④最大見積数 10社
完全無料で相場を知るだけでもOK!信頼できる厳選49社大手買取業者から最大10社を選ぶことができます。 年間利用者数も多く、はじめての方でも安心して一括査定サービスを受けることができます。申込みも簡単で45秒でのかんたん入力同時に相場も知ることができます。 一括査定を利用して60万円も上がった事例もあります。
かんたん車査定ガイドの特徴 
入力時間45秒
最大査定依頼数10社
提携買取業者数約49社
対応エリア全国
利用料無料

\かんたん車査定ガイドはこちら/

 
 

2位 カーセンサー

おすすめポイント!

①提携買取業者がNo.1で1,000社以上 ②知名度が高く安心の実績 ③最大30社の一括査定が可能 ④メールのみを希望すれば、電話数を減らせられる
カーセンサーは提携業者が1,000社以上と一括査定業界の中で最大級です。他の一括査定サイトにはない買取業者がいるので高く売れる可能性があります。 しかも、電話が嫌な方はメールのみを選択したら電話でのやり取りを減らすことができます。カーセンサーは老舗優良企業であるリクルートが運営しているという安心感が大きな特徴です。
カーセンサーの特徴 
入力時間約3分
最大査定依頼数30社
提携買取業者数約1,000社以上
対応エリア全国
利用料無料
 

\カーセンサーはこちら/

 
 

3位 ユーカーパック

おすすめポイント!

①電話連絡はユーカーパックとだけで対応がラク ②最大2,000社の買取店が入札に参加 ③オークション形式が最大の特徴 ④査定回数は提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
何回も査定をするのが嫌な方にオススメなユーカーパック。 申込み・やり取り連絡はユーカーパック1社とだけなので個人情報が流れないです。営業の電話もなく安心して車を売ることができます。 他の一括査定サイトとは根本的にシステムが違いオークション形式を採用。最大2,000社が入札に参加するために高額査定になります。
カーセンサーの特徴 
入力時間約30秒
最大査定依頼数オークション形式
提携買取業者数約5,000社
対応エリア全国
利用料無料
 

\ユーカーパックはこちら/

 

-車を高く売る講座

Copyright© 車を高く売る講座 , 2019 All Rights Reserved.